誠に不謹慎ながら、ボログネタに・・・・
本っ当に不謹慎だわ〜 

ども、ぽ〜くですΣ(´д`;)
短期免許停止処分の処分者講習(期間短縮)を受けに
某月某日、家から約90Kmも離れた
某交通安全センターまで行って来ました。
いや、本当に今日はお陰でした。 

現地に8時45分厳守で来なさいとの通知があり、
当日は絶対車には乗ったら駄目。
点数如何では数日乗れない・・・・

早朝、朝4時発の始発電車に乗り込んで現地到着が8時過ぎ・・・
平日なので家族には頼めない・・・
いよいよ某が○る氏に頼み込んで朝だけお願いすることに。

とりあえず当日の持ち物は、
印鑑 ・ 通知書 ・講習代金 ¥13800 ・ 免許証 ・ 筆記用具
昼食 ・ 帰りの電車賃 ・ 


家を7時頃出発し、現地着8時半ごろ・・・ほぼ目測どおりで到着。

ST320533

まずは・・・


マーキング
受付へと・・・・・


朝から人でごった返して
まして・・・・





え”!? ∑( ̄ロ ̄|||)/
・・・どこに並んだら良いのか書いてない・・・・・どこいきゃいいんだ・・・
行政処分待合室・・・2階になってるけど受付はどこで・・・・オロオロ
(゚Д゚≡゚д゚) きょろきょろすることしばし・・・・・
すると職員の方が
「2階で受付を行ってますので上がっておまちください」と
あ”〜たすかった・・・あやうく迷子になるところだった〜

2階に行くと部屋の中に長椅子がいくつも並べられているスペースの前に
受付用の机が3っ・・ここか・・・
すでに20人近い人が並んでその時を待っていました。
いろんな人がいるな・・・・
ちゃらけた兄ちゃんから、ごく普通そうに見えるお姉さん、
トラックの運ちゃんみたいな感じのごついおじさん・・・・
営業マンらしい人もちらほら。
この「行政処分待合室」で「あなたは短期(30日)の免許停止処分になります」
と告げられて、そこから「免停」が始まる。
「運転免許停止処分書」なるものを受け取り
係員の方から、
「え〜本日講習を受けられますか?」
当然 「はい」 というわけで
講習代金13800円を支払い、今度は講習する教室へ移動。
そこでまず、当日の日程が連絡されるわけです。
ちなみに授業中
居眠り、雑談、ケータイいじる、雑誌を読む、大声で叫んだりすると
持ち点からマイナスされるそうで・・・・・・
まあ3歩譲って居眠りはよし?としよう。 雑誌ってあーた・・・
実際やってた人が居るということだろうな・・・・

必要事項、書類関係に記入を行い
まずは適正検査(ペーパーテスト)

規定のシートに「はい・いいえ」に○を付け運転適性を見るテスト
ええ、普通にまっとうな回答したと思いますよ・・・多分

少し休み時間を置いて
「ルールとマナー」なる教材の授業。

とにかく教官の
2度言う、
繰り返し言う、
「はいここ重要ですよー」

の部分は
すべてにマーカーを打っておく。
前半の講師は
「ハイココ重要〜」 「ここ重要だから2回読みますよ〜」
おお、分かりやすい・・・・次々マーカー打っていく。
が、休み時間を経て講師交代・・・・

話がとびっとびで重要ともなんとも言わないし
教本がマーカーだらけになっちまう始末。


後半がもう・・・・眠いしな〜
ST320534

昼めし食って一休み

構内に
食堂は無く
弁当持参にて・・・

なんか
昼寝もできねーよ。







ST320532
あまりにヒマなので
構内をうろうろ・・・


誰も居ない・・・・・

朝の混雑は
何だったんだ?

とりあえず自販機発見。

うえ・・・コーヒー不味い




お昼をはさんで、午後はシュミレーター授業。
教官曰く
「これは最新型で、これ一台でク○ウンが買えますよ」
いや、聞いてないし(^_^.)

な、シュミレーターが数台置いてあり、これで授業。
画面は動くのに椅子や振動が来ないのですごい気持ち悪い。
しかも見えるのは前のみで右左は→スイッチでの動作。
やっていて車幅感覚が分からないのでわざと左に寄せると「びょんびょん」
あ、当たるんだ、なるほどなるほど。 なんだか踏む感覚も違うんだよな〜

その後いよいよ「考察」 テストの時間です。
テストはマークシート方式、問題が書かれたシートを見ながら
マークしていきますが、まあ
居眠り(爆睡)しなきゃほとんどわかる問題。

お約束のビデオを見て、点数集計が終わって
「短縮29日」になり、「今日一日車には乗りません」誓約書を書いて
引き換えに免許を貰って解散。

まあ、ありがたいシステムだわ〜
しかし前歴が付いて 少ない点数でもし捕まれば次回は短期〜中期免停
それだけは気をつけなければ・・・・・・・・・・


帰りは ZONEさんに乗せてって貰っちゃいました〜
ああありがたやありがたや。