それは10年前のとある日、
某SNSのOFF会なるものに初心者として参加して以来
(過去の記事はこちら⇒http://z-porkbizz.doorblog.jp/archives/51062534.html
全く冬以外の千畳敷には寄り付かなかった人間が
重い腰と加齢の進んだ身体に鞭打って行ってきました。
まあ下界が35℃越えで暑いのに家にいる事が自殺行為なので(;^ω^)
CA3I0169


そんなわけでカミさんとともに
(ちなみに移ってる方は当方と無関係)
CA3I0158

以前しらび平までバスで登ってきたらロープウエイ3時間待ちで
なくなく帰宅の事例があったため家を朝5時に出発するも
菅の台BCは満車、やむなく黒川平まで移動しバスに搭乗
しらび平で整理券が配布されおよそ30分待ちだったので
トイレ等の用事を済ませていつものロープウエイに搭乗
山頂駅に着くと燕がお出迎え。


まずは千畳敷カールを横断しつつ八丁坂へトライ
久しぶりのトレッキング&先週の夜勤明けの加減かどうかわからぬが
息が結構上がる。
CA3I0159

乗越浄土へ到着。このころには結構汗だくに。
しかし以前の事を思うときついけどなんとかなるレベル


CA3I0160
上から千畳敷カールを眺める。 このころまではまだ晴れの状態だったのだが
上った辺りからあたりはガスに覆われ、眺めは失われる。
カミさんは張り切って今日に向けて準備してきたのだがどうやら寝不足で調子が出ない。
宝剣山荘で休んでるから行って来ていいよということで
ここからは一人でトライする
ただ過去の記憶を頼りに駒ヶ岳を目指すが、うっすらと見えるようになる
まずは通過点である中岳に到着。
中岳の神様にまずはお参り。

CA3I0161

ここからまた濃いガスが掛かり始めたが確実に歩を進める。
しかし三連休の中日、かなりの人出である。
まあそれに付いていけば安心なのでついていく。
登りの最中、結構な風と霧で服が湿り体温が奪われる。
それでも事なきを得て無事山頂に到着

CA3I0162

強い風のおかげで山頂に着いたら周りは視界クリアに

CA3I0163

あんな所に山荘があったのね。
CA3I0164
CA3I0165
CA3I0166
CA3I0167

あまり待たせても気の毒なので山頂で駒嶽神社にお参りして
お守りも買ってかみさんにお土産。
早々に宝剣山荘へ戻る。
以前は「巻き道」を通って戻ったが今回は一人で危険なので元きた道をゆっくり登る
まあ登りはいいんだよな・・・・

CA3I0168

宝剣山荘で豚汁を注文し、家から持参した弁当をほうばる
あーほっこり
帰りは元来た道を帰るだけなのだが、どうも登りはいいのだが
降りるのに右ひざが痛み出し一苦労。 特になにかやったわけでもないのだが・・・・


CA3I0169

痛みを押し殺し?カール内の池に到着し
折り返して駅に向かうが案の定やはり整理券・・・・・
今回は2時間半待ち( 一一)
まあ想定内ではあったが・・・・・
あまりの人の多さに中には座れず外で待つ始末
しかも動いてないのでクソ寒い!!
たしかにクーラーいらないわwww
最終的にへろへろになりながら帰ってきましたが
とても楽しい一日でした。