☆負犬の遠吠え!!!☆☆☆(-_-;)

飼い犬にほえられるぱんぱぱん(ーー;) スキー・etc・・・やリ過ぎて 飼い犬に飼い主と認識してもらえない おやじのぶろぐ

にゅ、入院!?

おっさん入院騒動記 

3日目になったら前に寝てた

早起きじいさま

元気だからご退院となりました。

いやぁ〜朝静かになったよ(爆)

だけど寝る前となりのじっさまの寝屁がすごくって。
豪快にいくのな。

ばびいいいいいいいいっ!!

ども、ぽ〜くです。
のっけからキタナイ話ですんません。

入院生活4日目で点滴チューブが外される。
するととたんに元気になってくるのな。
まあ現金なもんで。

しかし
暇〜ヒマ〜ヒマ〜なんですね。

朝6時には起床。 看護師さんカーテン開けちゃうし
顔洗って
七時半には朝食。

自由時間

12時にお昼

自由時間(笑)

6時に夕ご飯

8時消灯


入院中の楽しみは、某国営放送のじぇじぇじぇ!?を見ること(^_^.)
・・・・お、おらあはじめっからみてっぞ!!
静養中の今もオンタイムでみてっぞ!!

あとは夕方大相撲みたぞ!!!
チャンネル帰換えられないぞ!!! じーさまばーさま多いから!!

あと寝静まった後、こっそりロビーのTVつけてみてたぞ!!


まあ入院患者にやること多くても休まらないが・・・・とにかく暇。

とりあえず院内探索ということで。

1階に売店があるのでまずは何があるのか見てくる。
ろくな雑誌、本がない。

他の階に行って本見ようとしても目の前がナースセンター・・・・まずいだろ。

そのうち・・・・・・・・・・

院内迷子となる(爆)

迷路だなあそこは・・・・・・・・・


病院食がおかゆと少なくて、なおかつあのあたりでは食べられないから
売店で仕方なくカップめんやらポテチやら買って
空腹をしのぎますがとにかく高い!!
周りは山と川だけの土地でコンビニなんか近くにありゃーせん。

とりあえず残り三日間売店の前に中庭があるのだが、そこで時間つぶし&おやつタイム

しかし健康になるにつれ、夜中モーレツに腹が減りだす。

仕方ないので

深夜1時ごろ・・・・・・・・

1階の自販機でなにか食う物仕入れに出掛ける。



通路は薄暗く、病室は真っ暗・・・・・・・・・・病院ですからなぁ・・・・・・・・・

すると・・・・・・ほかの病室から・・・・・・・・・・・


・・・・・・お〜い・・・・・・お〜・・・・・・い・・・・お〜〜い・・・・・・・・・・・





うああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!

てなことはなく
いつものじいさまが(なにか)を呼んでる声でした(汗)
毎晩だからなれちまったぞウイ。

んで、真夜中の病院1階で自販機で買ったお茶とカロリーメイトを暗闇の中ほおばって御満悦(^_^.)

ガラスの向こうに何か写った気がしたのはご愛嬌(*・ω・)ノ

そんなこたあどおでもいいんだ!!! オラァ腹減ってんだ!!!!!!!!!

いやーあんときのカロリーメイト最高に旨かったね〜

さて静養も今週まで。
来週会社の席があるかどうか・・・・・・・・・・あ、元々席なんて無いから

だいじょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぶ!!

おっさん入院騒動記 その


・・・・・・・・入院・・・・・・・・・ですか・・・・・・・・・・

主治医の先生から
「毎日来るのが条件だけど、通院する方法もあるけど・・・・」
と言われてふと、

「じゃ仕事行ってもいいんですね〜」とポロっと口から出た途端


「馬鹿言ってんじゃないよ!!

そんなことするぐらいなら即刻入院だ!!」


そんなわけで、点滴で済むと思っていた来院が即日入院となりました。
ふらふらするので車椅子に乗せられて、病棟へ・・・・・

部屋は4人部屋ですでに入室してる人あり(当たり前)

左手に点滴チューブを差し込まれ腕に刺さったままほぼ四日間
腕についてるわけであります。

しかし看護師さんかわいかったな〜 
レベル高いぞここわ!!と思っていたら初日だけだったorz
17c5e21f.jpg
トイレは自分で起きて
点滴引っ掛けたコロつき棒?を
コロコロ転がしながら歩いていきます。

点滴はまず熱中症があったので
点滴水と抗生剤を丸1日

その後は午前、午後抗生剤のみと。

ちょっと前まで健康だと思っていた身体が
みるも無残な姿をさらすのでありますが・・・・・・
油断してると凋落はあっという間だね。(´・ω・`)

会社に電話したら上司の声があきらかに「え”、まじ? どおすんの?」の感じだったが
出てきた言葉は「お・・・・お大事に・・・(ピクピク)」

しかしね〜 ヒマなんすよ。
病人休んでるのが当たり前なんですが
初日はさすがにそんな余裕なかったですが・・・・二日目、三日目ともなるとね・・・・

初日の晩はそれこそぐっすりとは行かないまでもよく寝れた・・・・早く寝すぎて朝4時ごろ

暑くて目が覚める。 
エアコンないのかここは・・・と思ってたら切られてたorz
トイレに行く道中に朝4時過ぎだっちゅーにぺっちゃらくっちゃらしゃべくるおばはんとおっさん

そのおっさんにとっ捕まって小一時間

朝日がどーたらこーたら話をされる
頼むから眠らせてくれよ・・・・・・・・・・・(ーー゛)


あんたも病人なんだよな?と思うぐらい元気の良すぎる病人
聞いたら熱中症で入院した元気なじいさま・・・・・元気良すぎだろ
なんで朝から元気なんだよ〜・・・・帰って寝かせてくれよ・・・・・・・
ベットに戻っても外でペチャクチャ・・・・・・・・
隣のベッドのおっさんが、「朝からうるさいよな・・・・なんとかならんもんかね・・・」

しかしこの病院いろんな人がいたですわ
同室の人が糖尿患って透析受けてる人、熱中症の元気のいいじいさん、手術をこれから受けるおじさん。
中でも隣のベッドのおいさま、去年10月から糖尿と高血圧で入院して生死を彷徨ったとか・・・
脚が壊死して脚先20cmぐらい切ったけど、また手術するとの事で・・・
結構そういう人多かったね・・・・ おらも気をつけなければ・・・・

こういうところに来ると必然的に食事の時間が楽しみになるわけですが
なにしろ病人ですもんで

到着日の昼飯の量が多くてご飯がぱさついて食べづらかったので
次のからおかゆコースにしてもらうと・・・・・・

見た目、いや相当少ない、かなり少ない
でも食べやすい・・・・さすが病院食。
あとで部屋でなんか食えば・・・って駄目だ〜 食事制限されてる人ばっかじゃないか!

でも身体っていうのはよくしたもんで、2〜3回そんな食事してると
それで満たされるようになってくる。
時間があまり余るほどあるので相当のんびり食ってたのと
水分もこまめに取るようにしたからそれもあるかもしれないが
退院するころには腹まわりの脂肪がかなり薄くなった感があり
健康にはいいと思われ。

二日目、朝4時ごろトイレに起きて

またあの早起きじいさんにとっつかまる

眠いのでさらっとかわして寝ていてもまたぺらっぺらしゃべくってる。

隣のおいさんが、「いい加減看護師さんに話しとくわ」と。

三日目 朝がとても静かになった。

自分のベッドにもどると

自分のベッドから加齢臭!!

うあ・・・・・・・・おれもおっさんだった(ーー゛)

つづく

おっさん入院騒動記。


ども、無事退院することができましたぽ〜くです 

大変ご心配おかけいたしました。<(_ _)>

今週いっぱいは静養して来週からまたしっかり働かないと・・・・・・・・

しかし今回のはやばかったです・・・急性肺炎

どうもしばらく前(5月半ば)からくしゃみが止まらず鼻水だらっだらで
今年酷い「花粉症」だと思い、鼻炎の薬を飲み続けておりまして・・・・・・・
それでも一向に良くならず、くしゃみ連発する始末。
それでも「酷い花粉症だな〜」と、少し風邪かな?とは思い始めてましたが

なんかおかしいな〜と思い始めたのが15日頃・・・・・・・・・
だるいしなんか熱があるのかな〜と思い計ると7度5分・・・
そうか〜

「最近の花粉症は熱も出るのか〜(バカ)」



会社も自転車レースの休みをもらわにゃまずいので休めず
まあ休むほどでもなかったので残業も続けて行い、
土曜日、当番の為千畳敷へ。
登る時は鼻が詰まる、耳が遠くなる程度でしたが、登ってお仕事中
咳と呼吸が苦しくなり、日曜1日寝込み、朝昼晩市販の風邪薬を飲み安静に
月曜日朝、やたらだるくて熱もあったがやはり飲み薬を飲んでいったら仕事できちゃって
火曜日は多少調子良くなったので、治ったのかね?と薬を飲むのを止めた。

で、水曜日
自転車レースの日。
体調万全ではないものの警備しなければならず指定場所に立って7時間警備
天気は雲ひとつ無い快晴。
なんにもやること無いけど日陰なしの炎天下
気温30℃越え。

準備してきたおやつやジュース。
日傘、クーラーバック
とりあえず万全の装備で水分も補給し椅子にかけてボーっと時間まで作業。

どうもこれが決定打になったみたいで・・・・・・・・

家に帰ってきて、夕ご飯を食べてから・・・・・・・・・・・・・あり?
・・・・・・なんかおか・・・・・し・・・・い・・・ぞ・・・・・・?
強烈な悪寒と寒気、身体中から汗、がたがた震えがとまらなくなってもうた・・・・・・・・・
あんまりに寒いので布団と毛布を3枚かけてがたがた震えながら・・・・・・・・市販の飲み薬を・・・・・

飲んでしばらくして吐き気がしてトイレでorz

しばらくトイレから震えと頭痛、吐き気、関節という関節の痛みで動けずじまい。
もうこれはどうしようもないから

明日の朝、医者に行こうと・・・・・・・・・・

翌朝、なぜか昨日より快調になり体温測ったら38度9分・・・・・・・昨日どんだけ熱あがったんだよ・・・・・
この体温で小康状態って相当やばいぞこれ・・・・・・・とおもい車に乗り込み速攻医者へ。

運転中、なんだかふらふらするし・・・・・・汗がやたら出てくる・・・・・・・・・
受付を済ませて、高熱者専用待合室で動けなくなる(ーー゛)

ようやく番が来て、まずは熱さましの注射。
もう刺しても痛くないのね。 感覚が麻痺してるわw
肺のレントゲンを撮りにレントゲン室・・・・CTでしたがね。
CT撮って診察室行くと先生が開口一番。

「あー・・・・・・・・肺・・・真っ白だね〜・・・・・・・
 なんでもう少し早く来れないの〜???
「いや・・・・・こんなになるとは思いもよらず・・・・・・・」

「ふーん・・・・・・・・まあ、入院だねこりゃ・・・・・・・・」

え”!?


つづく
タグ絞り込み検索
HISTORY VIEW・・・
過去のZIBUNにタイムスリップ(^_^.) 
QRコード
QRコード
記事検索
みなさんも環境について考えましょう
いつまでも工事中(爆)
これ・・・出していいのかな・・・・?