話は変わりまして、以前から心配していた
伊那スキーリゾート。

どうやら譲渡先も決まり、2010シーズンは営業するようです。
”ある意味” 影響をうけていた我がホームゲレンデも
落ち着きを取り戻しそうです?

本文 ソース

2年連続で今季も営業休止の見通しだった、伊那スキーリゾート(伊那市西春近)の新たな経営会社が決まり、今シーズンから再開されることが26日、明らかになった。ヤマウラ(駒ケ根市)から営業譲渡を受けたクロスプロジェクトグループ(本社・北安曇郡白馬村、辻隆社長)は、地元からの集客に力を入れた「地元密着のスキー場を目指したい」としている。オープンは12月12日。

 会見した辻社長(38)によると、ファミリー層をターゲットに「子どもの目線で見ると魅力的な、親子でも楽しめるスキー場」を目指す。具体的には、小学生以下のリフト券の無料日をできるだけ多く設けるほか、施設面では、人の背丈ほどのアーチなどを設けた「スノーランド」を新設し、「楽しさを通じた練習場としてのスキー場として充実」させる。2コース、最長滑走距離1200メートルのゲレンデは維持する。

 1988年に開業した同スキー場は、これまでの宣伝で中京での知名度は高いとし、地元密着による広告宣伝費の削減などで「初年度から黒字化できる」との見通しも示し、6万人(07年度)だった入場者は、10年後に「8〜10万人に持って行きたい」とした。従業員は最大で50〜60人を季節雇用する予定。

まあこれで一安心・・・ですかね